恐ろしい…

今でこそ自動車保険にきちんと加入して、安心して自動車を運転していますが、実は筆者は自動車保険に入らずに車を運転していたことが数年もありました…。 当時は自動車保険になぜ入らなきゃいけないのか、その重要性にあまり気付いておらず、しかも金銭的にもちょっと苦しかったため、だましだまし自動車に乗っている、という感じでした。 しかしある時点からたまたま顔見知りになった保険会社のセールスレディさんの勧めで、やっとのことで自動車保険の理解を深め、加入する運びとなりました。 たまたま自動車保険に入っていないときに大きな事故に遭ったりすることはありませんでしたが、万が一、そういったことになっていたら…と考えると今では恐ろしく感じます。 実際大きな事故を起こして命に関わるようなことが起こっていたら、その補償を自分で賄うことは絶対に出来ていないはずですから。 まだ自動車保険についてあまりきちんと考えていない方は、ちょっと調べてみてはいかがでしょうか。


自動車保険ってなに

そもそも自動車保険と聞いても、どういったものなのか良く分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。 実際自動車を購入すると、まず強制加入で自賠責保険というものにはみんな入りますよね。 これで充分ではないかと考えている場合も意外に多いのかもしれませんが、実はこれが違うのです。 自動車保険というものは「任意で加入するもの」ですので、加入しなくてもどっちでもいい、と考えてしまうことがあるかもしれませんが、重大な事故が起こることを想定するならば、「絶対に加入しておくべきもの」なのです。 事実自動車で故意でなくても大きな事故を起こし、数名の尊い命が失われたとしたら、とても自賠責では賄うことはできません。 そんなことが起こったらどうなるか。 そこからの人生をすべて棒に振ったかたちになってしまうのです。 そんなことにならないために、自動車保険に加入して、お金を払っておくと、億単位などの賠償が発生した場合でも、保険で賄う事ができるのですね。


自動車保険と自賠責

自動車保険と聞くと、強制加入の自賠責保険を思い浮かべるかたもいるかもしれませんが、一般的に言われている自動車保険というものは、「任意で加入する自動車保険」のことですね。 自賠責に入っているんだから、何かあったときにはそれで大丈夫だろう…と安易に考えてしまうかたもいるかもしれませんが、実際の自賠責の補償とはどの程度までなのかご存知でしょうか。 自賠責は「対人事故」のみが補償され、相手の方が亡くなった場合などに補償できるのは一人あたり3000万円までです。 これには慰謝料や葬儀の費用も含まれます。 相手の方が怪我をした場合、治療費や仕事を休んだ損害分や慰謝料で120万までは補償されます。 他にも細かくありますが、実際人が亡くなった場合、3000万円で賄えると思いますか? 現在一般的には事故を起こして、人が亡くなるような大きな事故の場合は、簡単に億単位の賠償となりますので、とてもフォローできないのが現状なのです。


自動車保険とオプション

以前より最近はネットが普及してきたことが大きく作用して、自動車保険自体の価格もかなりお安くなってきています。 最近では一括見積もりサイトなどがありますので、自動車を購入した段階ですぐ見積もりを取って比較することができて便利なのです。 しかしこういった比較の時にきちんと見ておきたいのが、実際の補償内容です。 お値段だけ見てとにかく安いものを選びたいという気持ちもわかりますが、安いだけで補償が薄いものも実際に存在しますので、どの補償は必要で、どの補償はいらないのかをきっちりあらかじめ決めてから、保険を選んでいく必要があります。 せっかく自動車保険に入るのですから、それならオプションで自動車に乗っていないときにも助かる補償をつけるなど、日常的にとても有効なオプションもありますので、日ごろからちょっと勉強しておくといいですよ。 どんあオプションがとても有効なのかについては、また他の機会にご紹介するとします。


体験したことの相談も